078-841-0310

団体情報

沿革年表

前史

1995年
阪神・淡路大震災の発生
東灘地域助け合いネットワークの立ち上げ
拠点事務所:東灘区甲南町→深江→住吉東町)/救援復旧活動

略歴

1996年

10月1日
コミュニティ・サポートセンター神戸(CS神戸)の立ち上げ
市民活動サポート基金の創設
事務所を魚崎財産区内に設置/民間中間支援組織活動の展開

1997年

10月
事務所移転(住吉宮町のコーベベビー株式会社内へ)
英国との交流を開始
さわやかなまちかど再生支援事業の開始(~02年3月)
NPOマネジメントスクール(現NPO大学)の開講

1998年

3月
特定非営利活動促進法(NPO法)の成立 →12月に施行
4月
機関誌「市民フロンティア」の創刊
5月
CS神戸3年誌の発行
11月
ホームページの公開
12月24日
法人化のための設立総会を開催

1999年

2月
「NPO市民工房」1年間の計画で東灘区深江にて設置
4月
NPO法人の認証を兵庫県より受ける(県内第1号)
4月
NPOネットワーク事業「オアシスプラン」企画提案実施
5月
神戸ふれあい工房を神戸市社会福祉協議会より受託(中央区東川崎町)

2000年

5月
共同工房 甲南NPOワークセンター(東灘区甲南町)設置(~04年3月)
6月
魚崎財産区施設 魚崎わかばサロン(東灘区魚崎中町)の管理を開始(~04年3月)
7月
起業研究員(現.NPO研究員)制度の開始
10月
生きがいしごとサポートセンター(第1期)の開始(~02年3月)

2001年

4月
東灘区民センター小ホール(魚崎中町)の管理受託を開始
西宮石在団地の支援事業

2002年

3月
太陽光市民発電所「くるくる発電所」が東灘区魚崎南町に完成
京都大学防災研究所CEOプロジェクトの開始
9月
スタッフ研修の開始

2003年

3月
彩都まちづくり支援事業開始
6月
沿革誌『コミュニティ・エンパワーメント』(7年誌)の発行

2004年

4月
生きがいしごとサポートセンター神戸東(第2期)の開始
NPO会計支援センターの独立
5月
事務所移転(JR住吉駅前の住吉本町へ)

2005年

8月
指定管理者としてJR住吉駅前自転車駐車場の管理を開始
ユニメイト養成講座の開始

2006年

コミュニティ・サポートセンター神戸の設立10周年(DVD発行)
トータルケアシステム 神戸東部NPOサービスセンターの開設

2007年

人間力再生プロジェクト(特別な休暇制度普及促進事業)の開始
あしや市民活動センター支援

2008年

JR住吉駅前違法駐輪始動業務の受託を開始(神戸市)

2009年

ふるさとコミュニティビジネス創出支援事業の受託を開始(兵庫県)
ソーシャルアクション支援プログラムの受託を開始(神戸いきいき勤労財団)
介護サービス情報の公表調査事業の受託開始(兵庫県)

2010年

東日本大震災支援事業を開始
東灘NPOフォーラムを開始

2011年

事務所を東灘区住吉東町ビュータワー住吉館に移転
新しい降雨協支援事業として兵庫県から3事業の受託を開始
(NPOマネジメントスクール、プロボノ、つなごう神戸)
神戸市内NPO活動実態調査を受託(神戸市)
理事長 中村順子が兵庫県社会賞を受賞

2012年

NPO設立相談窓口神戸東の開始
ハンズオン・インターンシップの開始

2013年

認定NPO法人格を取得
コミュニティビジネス全県展開事業の開始
企業との協働事業「まちづくりスポット神戸」の管理運営事業を開始

2014年

生きがい活動ステーション開設
震災20周年記念事業の開始
神戸市から「介護予防・日常生活 担い手養成講座 モデル事業」を受託

2015年

神戸市から「生活支援・介護予防サポーター養成研修等業務」を受託(東部・西部)