078-841-0310

ニュース

寄附が、つなげるひと、育てるまち ~Tanimatching2017~◆ プレセミナーのお知らせ ◆

“住み慣れた地域(まち)で最期まで暮らし続けたい”

これは、誰しもが願う率直な気持ちです。そのような願いを助け合いの地域活動という形に変えて汗を流す市民団体があちこちで見受けられるようになりました。

神戸東部地域ではおよそ100を越す団体が高齢者や孤立しがちな人々、子育て世代やそのこども達等様々なニーズに応え、助け合いささえ合う活動を展開しています。しかし、それらの団体は顔と顔のみえる関係を重視する価値をもち、規模は小さく発信力も強くはありません。ましてや資金力に至っては綱渡り状況の連続です。

小さくても地域にとってかけがえのない活動団体を応援してください

私たち支援団体は、このような団体を寄附で応援するTanimatchingという仕組みを新たに考え、ここに提案させていただくものです。地域を構成する市民や企業が“寄付ならできる”そのお気持ちを少額の寄附に託していただき、活動団体のプレゼンテーションやリーダーと直に交流するなかで、その場で投票し応援いただく仕組みです。災害時に労力や物資を提供するボランティアはそこそこ定着してきましたが、自分の暮す生活圏域で資金を提供する寄附ボランティアは個人・企業ともこれからの課題です。

希薄になる地域社会にあって人がつながり関係を結び合うことが、最期まで暮らせる重要な要素です。

そのためにはキメ細かな市民活動が不可欠です。行政だけに頼る時代でもなくなりました。
生活者として最期まで暮らせる地域の条件と企業の消費行動の活性化を条件とする地域ビジョンは、互いに共通しています。そして生活上の不都合は誰彼かまわず降りかかるもので、何かの時に頼れる団体があることは安心安全で安定した社会にあって大変好ましいことです。よってこの企画は、生活感覚を重要視しており,まずは神戸東部地域からはじめ、将来的には各生活圏域で同様の仕組みを展開していきたいと考えています。

“寄附が、つなげるひと、育てるまち”をTanimatchingという新しいたのしくお洒落なスタイルで、ひと・こと・ものが行き交う活気ある地域をご一緒に育てくださいますようお願い申し上げます。

□■□■ 「寄附が、つなげるひと、育てるまち」 ~Tanimatching2017~プレセミナー □■□■

【日時】 2016年11月20日(日)午後14:00~16:30
【場所】 神戸市東灘区民センター8階第1会議室
【対象】 Tanimatchingに関心と興味ある寄附者を主に活動団体も。40名程度、無料。

【内容】

 ・「寄附が、つなげるひと、育てるまち Tanimatching」の説明

 ・講演「寄附という名の市民活動」戎正晴弁護士(しみん基金KOBE理事長)

 ・先進事例報告「あいちコミュニティ財団について」木村真樹氏(あいちコミュニティ財団代表理事)

 ・みんなで車座トーク・・・「Tanimatching」企画についてワイワイ意見交換。

 ・次回本番予告 2017年2月4日(土)午後 神戸ベイシェラトンホテル&タワーズ

【主催】 認定NPO法人コミュニティ・サポートセンター神戸

     問合せ 078-841-0310

     申込先 こちらよりお申込ください。

【共催】 認定NPO法人しみん基金KOBE、NPO法人はんしん高齢者くらしの相談室、

 公益財団法人さわやか福祉財団

【協賛】 住友生命保険相互会社