お知らせ

熊本地震における被災避難者への支援報告

2016.08.20

2016年4月27日にリリースしました被災避難者の方々へのサポートですが、7世帯13人、合計8件となりました(7月末現在)。①生活用品、②生活支援、③法律相談、④その他なんでも相談、のメニューを紹介したチラシを、公営住宅の家鍵の譲渡時に、行政担当者から案内ちらし渡してもらい、被災者の方から電話による相談をお受けしました。

この仕組みは東日本大震災の時に、行政や企業や他のNPOにご協力いただいて立ち上げたのですが、当時2週間程度かかった調整も、今回は2~3日で整えることができました(ちなみに東日本大震災の時は59世帯152人、合計109件でした)。ありがとうございました。

今後も、被災地外の自治体が公営住宅の空き部屋を被災避難者に無償貸与する流れは続くと思いますので、今いる場所で民間ができるサポートの一事例としてご報告させていただきます。
協力団体の皆さま、ありがとうございました。避難してこられた方々が、少しでも穏やかな日常を取り戻すことができるよう、お祈りしています。
※問い合わせが落ち着きましたので、7月末で数字をまとめましたが、何かあれば継続して窓口対応します。

報告の詳細は以下をご参照ください。

http://www.cskobe.com/uploads/news/2016/08/熊本地震_支援状況_報告.pdf

 

loading